ハイドロキノンクリームとピーリングで美白肌

自宅で手軽にできるホームピーリングの効果とは?

ハイドロキノンクリームとピーリングで美白肌

シミやそばかすを自宅で除去できる方法として、最近話題になっているのがホームピーリングという方法です。 ピーリングとは肌の黒ずみの原因となっている角質を取り除く事でシミやそばかすを消す方法です。

自宅で行う場合は市販のピーリング剤を購入して行います。 商品としては化粧品タイプや石鹸のタイプがあります。 使い方も塗れば良いだけのものもあれば、塗ってからこすると角質が取れていくタイプもあります。

ピーリングと聞くと、こすった方がよく取れるようなイメージを持つ方もいますが、実際の所はあまりお勧めはしないというのが正直な所です。 手でこするのはその摩擦で実は肌の表面にダメージを与えている事が多いです。

ピーリング剤の成分は肌に塗るだけでも角質を分解したり取れやすくする効果は十分あるため、無理にこすらなくても大丈夫なのです。 逆にこする事で肌の良い所までこすり落としてしまったり、黒ずみの原因になってしまう事があるので注意しましょう。

美容液タイプのピーリング剤は単に角質除去だけではなく、美容に良い効果も合わせて持っている物もあります。 肌に浸透する事でしわができにくくなったり、ニキビの防止にもなったりします。 毛穴にも浸透していくので、毛穴に詰まった汚れなどを除去しやすくなる効果もあります。

基本は少し時間を置いて洗い流すという使い方になりますが、この放置の時間も長すぎると肌へのダメージになる事もあります。 使い方はよく守って使いましょう。 より安全にピーリングを行うなら、石けんタイプが良いでしょう。 手軽に使えるという点では、初めてピーリングに挑戦する方にもお勧めです。

泡だてたピーリング石けんをすっぴんの肌に乗せてしばらく放置し、ピリピリとしてきたら洗い流して完了です。ピーリング後は余計な角質が取れて美容成分が浸透しやすくなっているので、その後のケアまでしっかり行いましょう。

しみの治療に効果的なレーザー治療について

肌にできてしまうと見た目も良くないしみは気にしている方も多いと思います。 しみは治療ができるのですが、種類によってその治療の仕方も異なります。 その種類に合った治療法を用いる事で早く治せるため、治療を検討している方は確認しておきましょう。

例えば、老人性色素斑やソバカスといった種類のものはレーザー治療が適しています。肌にレーザーを当てる事でしみの元となっている色素を焼いて失くします。 肌にレーザーを照射するので、ダメージや副作用がないのかと大丈夫なのか不安になる方は多いですが、実は肌への負担が少なくて済み、多くのクリニックやサロンで導入されている手法です。

跡も残りませんし、施術後の洗顔やお化粧をする際にも影響もないため、安心です。 レーザーには強さがあり、肌に合った強さのレーザーを使って施術が行われるため、ダメージが大きすぎる事はなく、肌の弱い方でも施術してもらう事ができます。 施術後のケアはしておく方がより安心と言えます。

レーザー照射後は目には見えませんが肌はやけどをしているような状態になっています。 そのため、乳液や美容液を用いて念入りに肌への水分補給を行い、ケアをしておく事でより安心に施術後も過ごす事ができます。

施術前にカウンセリングを行ってくれる所が多いので、施術後のケアについても必要な 事を確認しておくと、より安心できます。 カウンセリングは無料で行ってくれる所もあります。

また、最近増えている新しい治療の方法として、フォトスキンセラピー治療というものもあります。 これはしみの他にも小じわやニキビなども合わせて治療、改善ができる方法で最近注目されてきています。

レーザーよりも弱い光で肌の奥の真皮まで届く光を利用している方法で、コラーゲンを増やす効果もあります。 しみも治して、さらに美容効果も高い方法なので、こちらで施術をしてもらうという方も中にはいます。 費用的には美容効果の分、高くなります。

↑ PAGE TOP