美白化粧品の効果とビタミンCの働き

美白化粧品ってシミを消してくれるものじゃないの?

美白化粧品の効果とビタミンCの働き

お肌の奥には<メラノサイト>と呼ばれるシミの原因物質であるメラニンを
生成する細胞がありますが、基本的に美白化粧品というのは
<メラノサイトの働きを抑制する>化粧品のことをいいます。

ここでは美白化粧品の効果とビタミンCの働きについてご説明します。

美白化粧品は、お肌にできたシミの消しゴムではないですから、
できてしまったシミの上にシミ化粧品を塗っても薄くしたり、
濃くなるのを防ぐことはできません。
それはお肌の奥にメラニンが沈着しているからです。

美白化粧品が効果的なのは皮膚構造が健康であって、メラニンが過剰に
生成されている時に限ります。

中には、メラニンを含んだ角質を拭き取ってお肌を白くするタイプの化粧水も
ありますが、その効果は一過性にすぎませんから、使い続けていてもお肌が
どんどん白くなることなどありません。

もともと角質はメラニンを含んでいて、角質はお肌のターンオーバーと
共に自然に剥がれ落ちる特性があります。

ですから、メラニンを含んだ角質を拭き取ってお肌を白くするタイプの
化粧水では、放置していても自然に落ちるはずだったお肌の表面にある
角質を、あえて手間をかけて拭き取っているにすぎません。

角質に含まれてお肌の表面に浮き出てくるメラニンと、シミの原因に
なるお肌の奥にあるメラニンは全く別物と考えましょう。

たくさんある美白成分の中にあって、有名なのがビタミンCですが
メラニンの生成を抑えてくれる作用があります。
けれどもビタミンCのサプリメントを摂取しただけシミが薄くなると
いうことでもありません。

飲まないよりも効果的だとは言えますが、一般的なビタミンCサプリは
吸収が良いわけでもないのですし、大部分は尿から排出されます。
ですから効率という面でみれば、お肌にビタミンCを直接塗る方が
美肌にとっては無駄が少ないです。

さらに、そのままのビタミンCよりも、一層吸収しやすくなっている
<ビタミンC誘導体>を塗る方が効果的です。
美白効果のみならず、お肌のコラーゲンを強くしてくれますから、
シワや毛穴の開きも予防してくれますからうれしいですね。

以上、美白化粧品の効果とビタミンCの働きについてご説明しました。
ビタミンCは免疫力アップや血中コレステロールを低下させてくれる
効果も期待できます。

↑ PAGE TOP