いろいろなシミの種類と治療方法【その1】

シミにもいくつか種類があるんです!

いろいろなシミの種類と治療方法【その1】

特に女性には気になるのがシミです。
<シミ>とひとことでいってしまいますが、よく調べてみればいろいろな
種類があります。

簡単にシミの原因も判断できませんから、間違った判断によって適当な
スキンケアをしていると逆効果で「シミを濃くしてしまった」という
ケースもあるようです。

治療をする場合には、自己流のケアをするのではなく皮膚科の医師に
相談するのが賢明です。ここでは、いろいろなシミの種類と治療方法を
説明いたしますので参考にしてください。

一番目は、肝斑(かんぱん)です。
肝斑は頬骨・鼻の下周辺・額などに左右対称にできてしまうシミのことで、
30歳から40歳の女性にできやすい特徴があります。
肝斑の原因は、女性ホルモンの関係だとされていまして、妊娠中・ピル
服用中にできると言われています。

対策としてはホルモンバランスに注意したり、ピーリングなどでお肌の
新陳代謝を活発にすることが有効ですが、レーザー治療はシミを濃く
してしまったりするのでお薦めできません。

二番目は、老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)です。
紫外線を浴びることでできてしまい、若い時代から日焼けを繰り返して
いる人ほど出来やすい傾向にあり、頬骨のように紫外線が当たりやすい
箇所に出来やすくなるのが老人性色素斑です。

境界線が明確ではない初期レベルならば美白化粧品を使って薄くでくる
可能性もありますが、シミの形がクッキリしてしまったらレーザー治療を
しないと取れにくいですから皮膚科で相談してみましょう。

三番目は、太田母斑(おおたぼはん)です。
日本人に多いと言われており、頬・目の周辺・額などの生まれつきある
茶褐色から青色のアザのことです。

生後すぐに出現するタイプと思春期に出来るタイプがあります。
<目の下の隈>と呼ばれているものは、太田母斑であるかもしれません。
治療としてはレーザーによって取ることができるようです。

いろいろなシミの種類と治療方法【その2】に続きます。

↑ PAGE TOP