いろいろなシミの種類と治療方法【その2】

シミの種類ってこんなにあったんだね!

いろいろなシミの種類と治療方法【その2】

いろいろなシミの種類と治療方法【その1】では、肝斑・老人性色素斑・
太田母斑について説明しました。

ここでは、引き続きいろいろなシミの種類と治療方法を説明いたします。
四番目は、雀卵斑(じゃくらんはん)です。
一般的に<ソバカス>と呼ばれるもので、小さい斑点が鼻の周囲に
散らばっているイメージです。

雀卵斑には遺伝的な原因があり、両親のどちらかにあると出やすくなります。
レーザー治療をしなければとれませんので皮膚科に相談しましょう。

五番目は、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)です。
イボのように盛り上がったイメージのシミで、初期段階では平らな
ホクロのようですが症状が進むと次第に盛り上がってきます。
脂漏性角化症はレーザー治療をしないと取れにくいです。

六番目は、炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)です。
ニキビとかかぶ等で皮膚に炎症が起きた跡に出来てしまうシミで、
紫外線に当たるとより一層濃くなってしまいますから注意が必要です。

お肌のターンオーバーにつれて、自然に消えていくとされていますが、
あまり消えない場合はピーリング治療が良いとされていますので
皮膚科の医師に相談しましょう。
炎症性色素沈着はレーザー治療は向いていません。

七番目は、摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)です。
下着などの刺激によってお肌がこすれてしまう部分に出来やすいシミです。
深いシミですから非常にとれにくい特徴があります。
普段からお肌にやさしい下着を選ぶようにしておきましょう。

八番目は、花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)です。
強い日焼けをした後にできることが多いです。
1ミリから2ミリ程度の小さい花弁状をして斑点で、肩から背中に
かけて出来るケースが多いです。

日焼け止めを塗って、毎日の紫外線対策を徹底しましょう。
レーザー治療が効果的だとされています。

以上、いろいろなシミの種類と治療方法を説明いたしますので
参考にして必要に応じて皮膚科に相談しましょう。

↑ PAGE TOP